・「アラーム・フォー・コブラ11」第74話「Falsches Spiel」(原題)より

フォード・シエラ・サファイア2台、E30系BMW3シリーズ2ドアセダン、フォード・フィエスタMKU3ドアHB、フォード・エスコートMKWカブリオレ、オペル・オメガA4ドアセダン、フォルクスワーゲン・ゴルフU5ドアHB、

オペル・コルサA3ドアHB、フォルクスワーゲン・ゴルフU3ドアHB、オペル・カデットD5ドアHB、フォード・スコーピオMKT、ジャガーXJシリーズV、フォード・シエラMKT5ドアHB、アンフィニMS-6、

アルファロメオ・アルファスッド・スプリント、スタリオン、オペル・コルサ、オペル・カデットE、ルノー21ネヴァダ、オペル・カデットEキャラバン、トラック(NG系メルセデス・ベンツ)の破壊シーン

高速道路上にヘリコプターが墜落、避けようとした車が次々とクラッシュする。

恒例のエピソード冒頭の多重クラッシュですが、今回は、スペシャル並みのスケールですね。

でも、よく見ると、ほかのエピソードで小破壊だった車が処分されていますね。また、フッテージも多用されていますね。

スコーピオは、このシーンの車でしょう。リヤハッチが閉まらないまま、破壊されています。

ジャガーは、お馴染みのカラーリングですので何とも言えませんが、このシーンで使用された車ではないでしょうか?

そして、スタリオンは、このシーンの車が、あっけなく処分されてしまいます。もったいないな〜

フィエスタとエスコートのクラッシュ、コルサとゴルフとカデットのクラッシュは、このシーンから

ゴルフとオメガのクラッシュは、このシーンから

「アラーム・フォー・コブラ11」トップに戻る