アウトロウ

ストーリー

強盗を働いた二人組。付近をパトロールしていた二人組の刑事が偶然発見、白パトや一般車両を何台も巻き込む、大カーチェイスへと発展する。

アウトロウの破壊

強盗犯の車(GX81マークUHT後期型グランデ)を覆面車(P10プリメーラ前期型1.8Ci)が発見。カーチェイスとなる。サイドバイサイドの体当たりを繰り返す。

犯人の車は、検問を突破、白パト(Y31セドリックセダン初期型クラシック、GX81マークUセダン後期型グランデ)も追跡に加わる。

犯人の車は、一般通行車(SV21カムリ4ドアセダン2.0ZX)に追突を繰り返し、ビスタはスピン

白パト(Y31)がビスタを台にして横転する。

さらに、もう一台の白パト(GS130クラウンセダン前期型スーパーデラックス)も追跡に加わり、覆面車と、サンドイッチのサイドバイサイドとなる。

テールを犯人の車に小突かれた白パトは、コントロールを失い、停車中の車(GX71マークUセダン後期型グランデLG)の運転席のドアをもぎ取ってしまう。

覆面車の刑事が発砲、コントロールを失った犯人の車は、駐車中の一般車(GX71)を台にして、ロールオーバーで横転する。

こうして、追跡劇が終了するわけですが、これらのカースタントをこなしたのは、なんと、アマチュアのカースタント同好会の方々です。

エンドロールのメイキングを見ていると、撮影する上でのさまざまな苦労や、NGを見ることが出来ます。

某ドラマのように、犯人者も追跡者も同じ車とかではなく、リアルな車種の選定で、マニアにはたまらない作品となっています。

DVDは、通信販売も行っているようですので、見てみたい方は、ホームページから購入してはいかがですか?メイキング映像、製作裏話も見れますよ。

アウトロウ公式ホームページへ

今回ご協力いただきました製作者の道祖土正晴氏に、心より感謝の意を表します。ありがとうございました。次回作の製作を心待ちにしております。

トップに戻る